2020年最新 コンタクトレンズ徹底比較!おすすめランキングを大公開 > お役立ちコラム > コンタクトレンズのDIAとは何?チェック方法もご紹介

コンタクトレンズのDIAとは何?チェック方法もご紹介

コンタクトレンズを選ぶにあたり「DIA」について知っておきたいと考えていませんか。DAI14.0などと記載されていてもよくわからないので、選びようがありませんよね。お困りの方のために、DIAについて詳しく解説します。以下の情報を参考にすれば、自分に合っているコンタクトレンズを選びやすくなるはずです。

コンタクトレンズのDIAとは何か

コンタクトレンズのDIAは、「diameter」の頭文字です。「diameter」は、英語で「直径」を意味します。つまり、DIAは、コンタクトレンズの直径を表します。単位はミリメートルなので、DIA13.0のコンタクトレンズは直径13.0㎜、DIA14.0のコンタクトレンズは直径14.0㎜となります。

カラコンやハードコンタクトとの違いはあるの?

日本人の黒目の大きさは、年齢や性別を問わず11.0~12.0㎜程度です。ソフトコンタクトレンズはこれよりわずかに大きなサイズ、ハードコンタクトレンズはこれよりわずかに小さなサイズで作られています。つまり、ハードコンタクトレンズのDIAは、ソフトコンタクトレンズより小さいのです。

カラーコンタクトレンズやサークルコンタクトレンズには、DIA以外に着色部外径が設定されています。着色部外径とは、着色された部分の直径です。着色部外径は、黒目の見た目に影響を与えます。この数字が大きいほど、黒目は大きく見えるのです。黒目を大きく見せたい方は、着色部外径に注目するとよいかもしれません。ただし、目に装用する医療機器なので、デザインだけで選ばないようにしましょう。安全に使用できることが最も重要です。

コンタクトレンズのDIAを確認する方法

コンタクトレンズのDIAは、商品のパッケージや処方箋(コンタクトレンズ指示書・処方指示書)、通販サイトの商品ページなどに記載されています。気になる方は確認するとよいでしょう。ただし、多くのコンタクトレンズは、DIAの選択肢を用意していません。日本人の黒目の大きさが、年齢や性別を問わずほぼ同じだからと考えられます。カラーコンタクトレンズやサークルコンタクトレンズを購入する方は、着色部外径に注意が必要です。自分の目の大きさに合っているものを選んでください。

DIAはコンタクトレンズの直径を表す

コンタクトレンズのパッケージなどに記載されているDIAは、コンタクトレンズの直径を表します。DIA13.0のコンタクトレンズは、直径13.0㎜という意味です。ただし、多くのコンタクトレンズはDAIにおける選択肢を用意していません。1つの商品に1つのDIAしか用意していないのです。不安を感じるかもしれませんが、日本人の黒目の大きさに合わせて作られているので問題なく装用できることがほとんどです。全く無視してよいわけではありませんが、考えすぎずにコンタクトレンズを選ぶとよいでしょう。

お役立ちコラム

コンタクトレンズの正しい付け方とスムーズに付けるコツを解説

毎朝、コンタクトレンズをうまく付けられず困っていませんか。何度も付けたり外したりを繰り返していると、汚れが付きやすくなるので注意しましょう。お困りの方のために、 ...
続きを見る

コンタクトレンズのDIAとは何?チェック方法もご紹介

コンタクトレンズを選ぶにあたり「DIA」について知っておきたいと考えていませんか。DAI14.0などと記載されていてもよくわからないので、選びようがありませんよ ...
続きを見る

コンタクトレンズとメガネはどっちがよい?向き不向きをチェック!

コンタクトレンズとメガネの選択で悩んでいませんか。どちらにもよい点があるので決められませんよね。お困りの方のために、コンタクトレンズが向いている人とメガネが向い ...
続きを見る

コンタクトレンズで目がゴロゴロする原因と対処方法

コンタクトレンズを装用すると、目がゴロゴロすることはありませんか。とても不快な症状なのに、コンタクトレンズを外すわけにはいかないので困りますよね。お困りの方のた ...
続きを見る

コンタクトレンズケースの正しい使い方と管理方法

コンタクトレンズを安全に使うため、コンタクトレンズケースを正しく使うことはとても重要です。誤った使い方をすると、感染症などのトラブルを起こしてしまうことがあるの ...
続きを見る

おすすめNo.1
コンタクトレンズ通販のグランプリ