2020年最新 コンタクトレンズ徹底比較!おすすめランキングを大公開 > お役立ちコラム > 初めてのコンタクトレンズは何をすればいいのか?

初めてのコンタクトレンズは何をすればいいのか?

初めてコンタクトレンズを購入する場合、どのように流れで購入することができるのか、わからなくて不安という方もいるでしょう。またどれくらいの費用がかかるのか、知りたい方も多いはずです。

今回は、初めてのコンタクトレンズを購入する場合、どのような流れになるのかなど、詳しい内容を紹介していきます。

コンタクトレンズの購入までの流れ

コンタクトレンズを購入する場合、どのような流れになるのでしょうか。まずコンタクトレンズを購入するには、眼科医による処方箋が必要になるので、事前に準備しておくことが大切です。

1.問診

問診用紙に必要事項を記入し、提出します。目の状態やコンタクトレンズをつける理由などについて、問診があるので素直に答えていきましょう。

2.目の検査

目の状態を把握するため、診察や視力検査を実施します。コンタクトレンズを使用するに当たって、問題がないかチェックすることが目的です。

3.レンズ装用テスト

お試しでコンタクトレンズをつけてみて、自分の目に合っているのかチェックしています。自分に合った度数を見つけるまで実施するのが特徴です。

4.レンズ決定

お試しでコンタクトレンズをつけた後、結果から自分に合ったレンズを決定していきます。

5.使い方の説明

コンタクトレンズを使用する時の注意点や付け方、外し方など、細かい指導や説明を受けて終了です。

目の検査や視力を測る検査とは?

コンタクトレンズをつける前に実施する目の検査は、実際にはどのようなことを行うのでしょうか。目の検査は「眼圧検査」や「屈折検査」が実施され、乱視の有無を調査します。

屈折検査と同時に、目の表面の形状を測定することで、目にフィットしやすいコンタクトレンズの形状を調べることが可能です。

コンタクトレンズの種類にはどのようなものがある?

初めてコンタクトレンズをつける場合、どのような種類があるのか、わからない方も多いでしょう。コンタクトレンズには、素材や交換サイクルの違いによって、いくつかの種類があり、目的に合ったタイプのレンズを選択する必要があります。

素材の違いとしては、「ソフトコンタクトレンズ」と「酸素透過性ハードコンタクトレンズ」があるでしょう。ソフトコンタクトレンズについては、特殊な水を含んだ透明な素材から出来ているので、比較的柔らかいのが特徴です。

角膜よりも大きく柔らかい特製を持っているので、初めての方がつけても慣れやすいでしょう。

1日使い捨てタイプや2週間交換、1ヶ月交換タイプなど、用途によって種類は様々です。

酸素透過性ハードコンタクトレンズは、角膜の大きさよりも小さく、水を含まない硬い素材が使用されています。ソフトコンタクトレンズと比較すると、初めての方がつけてから、慣れるまで時間がかかるでしょう。

酸素透過性ハードコンタクトレンズの使用期限は、2年~3年と長いことから、長期的な利用を実現することができます。そのため、経済的には負担が少ない種類と言えるでしょう。

コンタクトレンズの着用と年齢について

コンタクトレンズは、何歳から着用することができるといった規定は特にありません。ただレンズの正しいつけ外し方やレンズケアを自分で行うことが求められるので、ある程度理解できる年齢であることが求められます。

また眼科で定期健診を受ける必要があるので、着用年齢について詳しく聞きたい場合は、眼科医に相談してみてください。

コンタクトレンズの装着方法や手入れ方法

目のトラブルを避けるためにも、事前にコンタクトレンズの正しいつけ外し方やレンズケアの方法を覚えておくことが大切です。眼科でコンタクトレンズを作った後は、眼科医からコンタクトレンズのつけ方や外し方の指導があるので、しっかり聞いておく必要があります。

指導において、わからない部分があれば、眼科医に質問して、一人でも正しく実行できるようにしておくことが大切です。

2週間交換や1ヶ月交換タイプのコンタクトレンズの場合は、洗浄・すすぎ・消毒といった、レンズケアを毎日実施する必要があります。そのため、どのようなレンズケアの方法を行う必要があるのか、説明を受けておくことが大切です。

レンズケア製品にも、いくつか種類があり、使用方法も異なることから、眼科医に説明を受けてから適切なレンズケア製品を選ぶ必要があります。

初めてのコンタクトレンズは形状が安定しやすいものがおすすめ

自分がどの種類のコンタクトレンズの方が向いているのか、コンタクトレンズのつけ外し方を学んでいくうちに、自然とわかってきます。

基本的には、形状が安定しているタイプの方が初めての方は装着しやすいと感じるでしょう。

他にも、1日使い捨てタイプの方がいいのかなど、衛生的な面についても理解した上でコンタクトレンズを決めることが重要です。

わからない場合は眼科医に相談

初めてコンタクトレンズを購入する場合、どの種類のコンタクトレンズが自分に向いているのか、判断することは難しいでしょう。

その場合、自分で判断せずに、わからない場合は眼科医に相談することが大切です。自分がどのようにコンタクトレンズを使用していき、どのような目的があるのか、素直に話すことで、適切なコンタクトレンズを選択することができます。

初めてのコンタクトレンズでは不安なこともあるでしょう。そういった不安な部分が一切なくなるように、疑問に思ったことは全て質問するようにしてください。

後からわからないことが出てくると、面倒なことになる恐れがあります。素直にわからないことはわからないと、しっかり指導を受けることを意識してください。

コンタクトレンズを購入するまでの流れを把握しておこう

初めてコンタクトレンズを購入する場合、どのような流れになるのか、わからないと不安になってしまいます。そうならないためにも、今回紹介したコンタクトレンズを購入するまでの流れをしっかり把握しておきましょう。

そうすれば、実際にコンタクトレンズをつけるまでの不安を解消することができます。またわからないことがある場合は、眼科医に質問することも大切なので、素直に聞いてみることを意識してください。

お役立ちコラム

コンタクトレンズの正しい付け方とスムーズに付けるコツを解説

毎朝、コンタクトレンズをうまく付けられず困っていませんか。何度も付けたり外したりを繰り返していると、汚れが付きやすくなるので注意しましょう。お困りの方のために、 ...
続きを見る

コンタクトレンズのDIAとは何?チェック方法もご紹介

コンタクトレンズを選ぶにあたり「DIA」について知っておきたいと考えていませんか。DAI14.0などと記載されていてもよくわからないので、選びようがありませんよ ...
続きを見る

コンタクトレンズとメガネはどっちがよい?向き不向きをチェック!

コンタクトレンズとメガネの選択で悩んでいませんか。どちらにもよい点があるので決められませんよね。お困りの方のために、コンタクトレンズが向いている人とメガネが向い ...
続きを見る

コンタクトレンズで目がゴロゴロする原因と対処方法

コンタクトレンズを装用すると、目がゴロゴロすることはありませんか。とても不快な症状なのに、コンタクトレンズを外すわけにはいかないので困りますよね。お困りの方のた ...
続きを見る

コンタクトレンズケースの正しい使い方と管理方法

コンタクトレンズを安全に使うため、コンタクトレンズケースを正しく使うことはとても重要です。誤った使い方をすると、感染症などのトラブルを起こしてしまうことがあるの ...
続きを見る

おすすめNo.1
コンタクトレンズ通販のグランプリ