2020年最新 コンタクトレンズ徹底比較!おすすめランキングを大公開 > お役立ちコラム > コンタクトレンズのデメリットを解説

コンタクトレンズのデメリットを解説

コンタクトレンズにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。使用前にコンタクトの特徴をよく把握しておかなければ、思わぬ弊害が現れることも。

そこで、コンタクトの使用を考えている方に向けて、デメリットや注意点について解説します。使用をする際にはデメリットも把握し、注意点を守りながら使用するようにしてください。

コンタクトレンズのデメリットとは

コンタクトレンズのデメリットについてご紹介します。

ドライアイになる可能性がある

コンタクトを使用していると目が乾燥して、ドライアイになる可能性があります。コンタクトを装用していると涙が蒸発しやすくなり、目の潤いが失われやすくなるためです。

汚れが付着すると違和感がある

コンタクトレンズに汚れが付着した場合、ゴロゴロするなどの違和感があるケースもあります。手指や化粧品の皮脂が付着したり、正しい使い方をしていなかったりする場合に起こりえるデメリットです。

正しく使わなければ健康上の問題がある

コンタクトは正しい方法で使わなければ、眼球に負担を強いてしまう可能性があります。酸素不足により眼球に負担がかかったり、眼球に傷がついたりするケースもあるため、正しい使用方法を守って装用しましょう。

コンタクトレンズを使用する際の注意点

コンタクトレンズを安全に使用するためには、次のような注意点を意識しましょう。

・爪を滑らかに切っておく

・装用前には石けんで手を洗う

・装用前にレンズを点検すること

・装用後にメイクをすること

コンタクトを使っている人は、レンズを傷つけないように爪を丸く短く、滑らかに切っておくようにしてください。そしてレンズを触る前には必ず手をキレイにして、レンズに傷がついていないか点検してから装用しましょう。

レンズへの汚れの付着を防ぐために、メイクは装用後にすることも大切です。

正しく使えば安全で快適に!

コンタクトレンズは、正しく使えば安全で快適に使用できる視力矯正器具です。ご紹介してきたように確かにデメリットや注意点もありますが、外観に影響を及ぼさない、顔への違和感がない、運動をしてもズレる心配がないなどメリットもあります。

注意点を守りながら正しく使用していければ、メガネよりも快適で、メリットの多い視力矯正器具だと感じられるでしょう。

コンタクトレンズはデメリットや注意点を押さえて

コンタクトレンズを使用する際には、デメリットや注意点を把握して、正しく使うことが大切です。

コンタクトを使用していると、ドライアイや違和感、健康上の問題などの問題が起きる可能性がありますが、いずれも注意点を守って使用すれば克服できるようになるでしょう。

爪は短く切るようにし、レンズに汚れが付着しないように注意することや、装用前にレンズを点検することなど、注意点を意識しながら使っていけば問題はありません。

お役立ちコラム

コンタクトレンズの正しい付け方とスムーズに付けるコツを解説

毎朝、コンタクトレンズをうまく付けられず困っていませんか。何度も付けたり外したりを繰り返していると、汚れが付きやすくなるので注意しましょう。お困りの方のために、 ...
続きを見る

コンタクトレンズのDIAとは何?チェック方法もご紹介

コンタクトレンズを選ぶにあたり「DIA」について知っておきたいと考えていませんか。DAI14.0などと記載されていてもよくわからないので、選びようがありませんよ ...
続きを見る

コンタクトレンズとメガネはどっちがよい?向き不向きをチェック!

コンタクトレンズとメガネの選択で悩んでいませんか。どちらにもよい点があるので決められませんよね。お困りの方のために、コンタクトレンズが向いている人とメガネが向い ...
続きを見る

コンタクトレンズで目がゴロゴロする原因と対処方法

コンタクトレンズを装用すると、目がゴロゴロすることはありませんか。とても不快な症状なのに、コンタクトレンズを外すわけにはいかないので困りますよね。お困りの方のた ...
続きを見る

コンタクトレンズケースの正しい使い方と管理方法

コンタクトレンズを安全に使うため、コンタクトレンズケースを正しく使うことはとても重要です。誤った使い方をすると、感染症などのトラブルを起こしてしまうことがあるの ...
続きを見る

おすすめNo.1
コンタクトレンズ通販のグランプリ