2020年最新 コンタクトレンズ徹底比較!おすすめランキングを大公開 > お役立ちコラム > コンタクトレンズのBC(ベースカーブ)とは何か

コンタクトレンズのBC(ベースカーブ)とは何か

コンタクトレンズを作る際には、BC(ベースカーブ)と呼ばれるものを理解しておく必要があります。 BCとはなにか、万が一合わないものを選択した場合にはどのような問題が発生するのか、自分に合ったものを選択するにはどうすれば良いのかについてご紹介するので、参考にしてみてください。

コンタクトレンズのBC(ベースカーブ)とは?

BCとは、「Base Curve(ベースカーブ)」の略で、レンズがどれくらい曲がっているのかを数字で表したものです。 コンタクトレンズは平らではなくカーブのついたお椀型のレンズなのですが、どれくらいカーブがきついかはベースカーブによって変わります。数字が大きいほどカーブが緩く、小さいほどきつくなるということをおさえておきましょう。

BC(ベースカーブ)が合っていないとどうなるか

とりあえず度数さえ合っていれば良いはずと、あまりベースカーブを考慮せずにコンタクトレンズを選んでしまう方もいますが、合わないものを選択すると次のようなトラブルに繋がります。

レンズが目に張り付きやすくなる

特に最適なものよりもBCがきつい商品を選んでしまった場合、目が締め付けられるような形になって張り付いてしまうことがあります。レンズがずれにくいメリットはありますが、角膜に傷をつけてしまう恐れもあるのです。

レンズがずれたり、外れたりしやすくなる

最適なものよりもゆるいBCの商品を選択した場合、目の中でレンズ動きやすくなってしまい、外れる原因にもなります。頻繁にレンズがずれると感じている方は、ベースカーブが合っていない可能性も疑ってみましょう。

その他トラブル

コンタクトレンズをつけた際に発生する様々なトラブルの中には、BCが合っていないために発生しているものも多いです。例えば、レンズがずれる際に目のかゆみを感じたり、レンズのフチが目に触れてゴロゴロとした違和感を覚えたりすることもあります。

自分に合ったBC(ベースカーブ)を知る方法

自分のBCは眼科で測定してもらいましょう。専門機器を使い、計測してもらうことができます。始めてコンタクトを作る際の検査ではBCも測定してもらえるので安心です。

商品を購入する際にもよく確認が必要

自分と合わない商品を選択してしまうとご紹介したように様々な違和感やトラブルの原因になってしまうので、眼科できちんと測定したうえで最適な商品を選ぶことが大切です。 新たにレンズを購入する際にも必ず商品に記載されているベースカーブを確認しましょう。 ソフトタイプなら柔軟性があるので少しなら異なっても問題ありませんが、自分のベースカーブに近いもののほうが快適に利用できます。

お役立ちコラム

コンタクトレンズの正しい付け方とスムーズに付けるコツを解説

毎朝、コンタクトレンズをうまく付けられず困っていませんか。何度も付けたり外したりを繰り返していると、汚れが付きやすくなるので注意しましょう。お困りの方のために、 ...
続きを見る

コンタクトレンズのDIAとは何?チェック方法もご紹介

コンタクトレンズを選ぶにあたり「DIA」について知っておきたいと考えていませんか。DAI14.0などと記載されていてもよくわからないので、選びようがありませんよ ...
続きを見る

コンタクトレンズとメガネはどっちがよい?向き不向きをチェック!

コンタクトレンズとメガネの選択で悩んでいませんか。どちらにもよい点があるので決められませんよね。お困りの方のために、コンタクトレンズが向いている人とメガネが向い ...
続きを見る

コンタクトレンズで目がゴロゴロする原因と対処方法

コンタクトレンズを装用すると、目がゴロゴロすることはありませんか。とても不快な症状なのに、コンタクトレンズを外すわけにはいかないので困りますよね。お困りの方のた ...
続きを見る

コンタクトレンズケースの正しい使い方と管理方法

コンタクトレンズを安全に使うため、コンタクトレンズケースを正しく使うことはとても重要です。誤った使い方をすると、感染症などのトラブルを起こしてしまうことがあるの ...
続きを見る

おすすめNo.1
コンタクトレンズ通販のグランプリ